affiliate-merit

はいどうも、うじがみ(@xujigamix)です。

アフィリエイトに人生を捧げ、日々デスクの上で作業をしている、プロのアフィリエイターです。アフィリエイトは良い点・悪い点がたくさんあるビジネスです。

今回はそんな私が、アフィリエイトにおけるメリット・デメリットについて、詳しくご紹介していきます。

これからアフィリエイトに取り組む人・アフィリエイトを今頑張っている人は、是非参考にしてもらえたら嬉しいです。

では詳しく解説をしていきます。

アフィリエイトのメリット

affiliate-merit2大きく分けて、下記の3点です。

私のアフィリエイト生活の上で、良かったなと思う部分だけをピックアップしております。

アフィリエイトのメリット
利益率がかなり高い
放置していても稼げる
快適な環境で仕事ができる

利益率がかなり高い

アフィリエイトという商売は、他の企業の広告をPRして、ネット上で商品を販売していく仕事です。

そのため、在庫を抱えることもありませんし、原価も一切かかりません。商品が売れたら売れた分だけの利益が全て自分に返ってきます。

ネットビジネス以外の仕事では、基本的に一定の原価や在庫を必ず抱えなくてはなりませんよね。

しかしアフィリエイトには、一切無駄が無くビジネス運用ができますので、利益率がとても高いのです。

放置していても稼げる

会社勤めをしている方なら分かると思いますが、会社員は原則固定給です。

具合が悪くても、週5日は会社に行かなければ、給料をもらうことができません。

役職がどんなに上がっても基本的に、この仕組みからは抜け出せません。

しかしアフィリエイターは、「好きな時に好きなだけ」働けば良いのです。

急な用事でしたり、自分の体調が優れない時は、いつでも休むことが可能です。

ですので、自分に負荷なく働くことができますので、ストレスも他の仕事と比べて、かなり少ないですね。

仕組みさえ作ってしまえば、後は半放置で稼げますからね。

快適な環境で仕事ができる

土木などの仕事をしている方は、夏は炎天下・冬は豪雪の中でも仕事をしなければならない場合があります。

ですがアフィリエイターは、室内作業ですので、快適なエアコンがついた部屋でのんびり作業を行うことが可能です。

まあその反面、デスクワークが苦手な方は厳しいお仕事になってしまいますので、合う合わないがあるので注意が必要です。

基本的には、できるだけ快適な環境化で仕事をしたい人が大半では無いでしょうか。

アフィリエイトのデメリット

affiliate-demeritアフィリエイトを何年もしていると、「ここはめっちゃ嫌だな」という点も見えてきます。

皆さんにはアフィリエイトの嫌な点も、きちんと教えますので、是非参考にして下さい。

アフィリエイトのデメリット
縛ってくれる人がいない・常に孤独
収益は不安定
日々同じ作業の繰り返し

縛ってくれる人がいない・常に孤独

企業でサイト運営をしない限り、個人でアフィリエイトを行う方は、基本的に常に孤独です。

作業の大半は全て自分でできてしまいますし、人と会わなくてもビジネスを展開することができます。

そのため、仕事をしなくても叱ってくれる人もいなければ、作業を任せる人も基本的に余りいません。

ですから、おしゃべりな方や寂しがりな方は、余り向いていないかも知れませんね。

私も寂しがりですので、日々事務所で寂しくて泣いていますよ。

収益は不安定

固定給が入る会社員とは違い、アフィリエイトは成果報酬です。

成果報酬の分、全てリターンが返ってきますので、好きな人は好きだと思いますが、心配性の方は、精神がすり減るお仕事です。

一定の軌道にさえ乗ってしまえば、このような心配は不要ですが、最初の内はかなり不安定ですね。

リスクなく、安定的なお仕事が好きな方は、やらない方が良いかと思います。

日々同じ作業の繰り返し

アフィリエイターさんやブロガーさんの一日は一見華やかそうに見えますが、実際は真逆です。

年間365日室内に籠り、日々同じ作業を行っています。今人気のYoutuberさん達も皆あまり変わらないと思います。

お金は稼げますが、かといってそこまで使い道って余りありませんので、普通の会社員の方の方が、充実した日々を過ごしているかも知れません。

好きでなければ続けることは、できないかと思います。

知ったうえで、向き不向きを決めましょう

affiliate-merit-demeritネットビジネスはアフィリエイト問わず、皆同じような日々を過ごしております。

大半は裏方作業ですので、実際にやってみないと知ることのできない場面も、たくさんあると思います。

一番手っ取り早いのは、自分自身で挑戦してみることです。取り組んでみて、良し悪しを判断してみるかと良いかと思われます。

取り組んでみて、もし向いていないならすぐ辞めてしまえば良いんです。リスクはありませんからね。

はいこんな感じで今回は以上となります。

最後まで閲覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォロー

おすすめの記事