afffiliate-image-quote

はいどうも、うじがみ(@xujigamix)です。

プロのアフィリエイターとして、活動をしております。私の仕事柄、たくさんの画像を扱っています。

今回は画像の引用について、詳しく解説をしていきたいと思います。どこまでがOKで、どこまでがNGなのか、中々判断が難しいのが画像の引用ですね。

引用元を明記しない場合、最悪のケース訴えられてしまう場合もあります。

うじぴー
怖くて引用できないぴ

うじがみ
きちんと理解すれば安心だよ

完全アウトな引用について

afffiliate-image-quote2勝手に良い画像だと思い、自分の運営しているサイトなどに容易な気持ちで、掲載してしまうと、重い罰に処せられてしまう可能性が出てきます。

せっかくお金を稼ぐために始めたブログ・アフィリエイトなのに、罰則を受けてマイナスになるのは、皆避けたいですよね。

以下で詳しく説明をしていきます。

完全アウトな引用
著作権に触れてしまう
肖像権に関わる
パブリシティ権に引っかかる

著作権に触れてしまう

画像を作った人・絵を描いた人など何か創作物を作った人に、自動的に保有されている権利の事を指します。

著作権が世の中になければ、自分の作った作品が、『全て無断で使用してもOK』ということになってしまいますので、創作活動をする人がいなくなってしまいますね。

このような事態にならないように、定められている法律が、著作権となります。

芸能人の画像などは、撮影したカメラマンが著作権を保有しており、基本的にその著作権を芸能事務所に権利を渡している。といった場合が多いです。

しかし勘違いしてはいけないことがあり、きちんと引用元を明記した上で、使用させてもらうのであれば、使用可能なのです。

※補足|芸能人関係は絶対にNG

上記にて著作権自体は、引用さえすれば使用可能と申し上げましたが、芸能人関係の創作物については、絶対にNGです。

下記で説明する肖像権と、パブリシティ権が同時に関わってきます。

ですので、どうしても利用したい場合には、芸能事務所にお問合せをして、許可を取る以外に方法はありません。

よくある芸能人の写真は、SNSからなどの引用であればセーフみたいな記事がありますが、全くもってセーフではありません。

訴えられたら終わりです。理解しておきましょう。

よくある著作権の違反
芸能人の写真:芸能事務所管理
他人の音楽:作成者管理
他人のサイト:サイト運営者管理

肖像権に関わる

肖像権とは、人の容姿でしたり、勝手に写真に写りこんでしまった人がいる画像などを、使用するのはNGですよ。という法律です。

人の許可なく、他人の画像や動画をネット上には公開してはいけません。

公開する場合には、誰が見ても人物を特定できないように、修正する必要があります。

特に肖像権に関しては、注意が必要で著作権とは違い、『引用』をしたとしても、アウトとなります。

ですので、もし肖像権に引っかからないようにしたい場合は、画像内などに写っている人たちに、許可を取らなければ、一切の使用ができません。

パブリシティ権

こちらは、お客さんを呼び寄せる力のある有名人の写真などを使用して、収益化のためや集客のために使用してはいけませんという法律です。

簡潔にまとめると、人の力を借りて、稼いでいくようなことはしてはいけません。

グレーな話|双方に利益があれば割と平気

afffiliate-image-quote3最終判断は権利を持っている人になりますので、絶対大丈夫という話ではありませんが、結局のところ『使用する側・使用される側』双方にメリットがあれば、目をつぶってもらえるケースは多いです。

ですから、芸能関係のサイトは世の中にたくさんありますし、無くなることは無いんですね。芸能事務所も全てを訴えていたら、大変ですからね。

芸能関係のお仕事は、結局のところ知名度が売り上げに左右する商売ですので、拡散されることは、意外と嫌なことではありません。

しかし、その中で人のモラルを侵害するような内容でしたり、嘘の内容を拡散してしまった場合、大きな問題となります。

使うか使わないかは、皆さんのジャッジに任せますが、リスクがあることを十分理解した上で、使用するようにしてください。

著作権なら、引用元を明記すればOK

先ほど記事上段でも、ご説明いたしましたが、著作権だけであれば、引用元を明記すれば使用可能です。

厄介なのは意外と知られていない、肖像権とパブリシティ権に引っかかるか否かです。どちらも著作権とは違い、引用元を明記していたとしても、使用不可能ですので、覚えておいて下さい。

結論:人の迷惑にならなければ心配する必要はあまりない

afffiliate-image-quote4サイト運営などをしているうえで、気づかないところで、もしかしたら何かの権利に引っかかってしまっている可能性も既にあります。

しかしそれが故意的なものではなく、他人のモラルを侵害しない内容であれば、基本的に見逃してもらえますので、余りびくびくする必要はありませんね。

ですが何も知らないで無知に活動するのは、リスクを伴いますので、これくらいの内容はきちんと頭に入れて覚えておくようにしましょう。

はいこんな感じで今回は以上となります。

最後まで閲覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォロー

おすすめの記事