affiliate-genre-earn

はいどうも、うじがみ(@xujigamix)です。

アフィリエイトで生計を立てているプロのアフィリエイターです。これから先アフィリエイトで稼いでいきたいのであれば、ジャンル選定はとても重要です。

どれだけ良い文章が書けたとしても、ニッチなジャンルで戦っていては収益化が難しくなってしまいます。

今回はアフィリエイトを始める上で、最も稼げるジャンルを難易度と心理学要素を取り入れて詳しく解説をしていきたいと思います。

アフィリエイトで稼げるジャンル

アフィリエイトで稼げるジャンル=世の中に困っている人がたくさんいる分野を選ぶ必要性があります。

困っている人が多い=お金を出してでもその悩みを解決したい人がたくさんいるジャンルとなりますので、覚えておいて下さいね。

もちろんお金目当てで攻めてくる競合もたくさんおりますので、そのジャンルにおいて自分自身が適切な回答ができるほどの知識があるのかも重要となります。

HARMの法則について知ろう

人間の三大欲求:食・睡眠・性という3つの欲がありますが、もう少し細かく分けたものがこのHARMの法則です。

HARMの法則に人間の悩み・欲は9割当てはまると言われております。これらをきちんと覚えて自分の運営するサイトに取り込めば、悩んでいるお客様に正しい情報発信をして、稼いでいくことが可能です。

HARMの法則
Health:健康・美容
Ambition:将来・キャリア
Relation:人間関係・会社
Money:お金

Health:健康・美容系ジャンル

健康や美容に関する悩みは、特に女性の方に多い悩みです。三大欲求の1つ睡眠や性に関する悩みや欲もこのジャンルに当てはまります。

上手くいけば、他のどのジャンルよりも稼げる可能性を秘めているのがこのヘルス系のジャンルなのです。

もしご自身が専門的な知識をお持ちの方であれば、挑戦してみるのも良いかと思われます。

YMYLの分野なので、かなりの苦戦は強いられます

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略称で、経済・健康・安全・法律など人々が生活をしていく上で、誤った情報を発信してしまった場合重大な影響を及ぼしてしまう情報分野の事を指す言葉です。

美容系はまだしも健康系は特に人々の生活において、重大な影響を及ぼしてしまう可能性のある分野ですので、並大抵の知識では太刀打ちすることは不可能です。

美容系に関しては、直接的に重大な影響は及ぼしませんので攻めるジャンルとしてはありですが、競合が非常に強いです。

ご自身が高い専門知識と権威力がある方でしたら、トライしてみるのもありでしょう。

Ambition:将来・キャリア系ジャンル

要するに将来の夢・仕事などに関するジャンルです。未来をより良いものにするために、インターネットで情報を調べる人はめちゃめちゃ多いです。

このサイトを読んでいる方も、一種このジャンルに当てはまりますね。どのようにすればサイト運営が上手くいくのだろうと考え、私のサイトを拝見して頂いていると思います。

他のHARMのジャンルに比べれば、割と攻めやすいジャンルかなと思います。しかし稼げる分野ですので、競合はたくさんいますよ。

Relation:人間関係・会社系ジャンル

人と人とが出会い、悩むのは主に対人関係です。心理学やコミュニケーションに関するジャンルがこのRelationのジャンルですね。

ある程度詳しい知識がなければもちろん戦ってはいけませんが、ある程度の知識があれば上手く戦略を立てることで、稼いでいくことは可能です。

Money:お金系ジャンル

給料や副業・投資などお金にまつわる欲を満たして上げれるのが、このジャンルです。私のサイトは皆さんの個々の部分の解決を提供してあげるためのサイトですね。

もちろん競合は手ごわいですが、お金に関する情報はたくさんありますのでもし詳しい知識があるなら挑戦してみましょう。

稼げるジャンルで戦っていくポイント

これからこの上記で挙げた稼げるジャンルで、どう戦略を立てて戦っていけば勝てるようになるのか。について詳しく説明をしていきます。

自分にそもそも知識があることが大前提

 

 

競合と差別化を図る 

もし厳しいようなら稼げるジャンルは後でチャレンジしよう

稼げるジャンルというものは、アフィリエイトやブログ運営で稼いでいる方は皆知っています。皆が知っている=競合が多いということです。

いきなりこの競合達に挑んでいくのは、紹介しておいてあれですが無謀なチャレンジに近しいかとも思われます。

もちろん本気で稼いでいきたいのであれば、儲かるジャンルに挑戦するべきですが、並大抵の努力をしたとしても潰されてしまう可能性があります。

ですので、知識がまだない人はあえてこう言ったジャンルからは距離を開け、好きなジャンルのサイトで学んでから挑戦する方が良いかと思われます。

はいこんな感じで今回は以上となります。

最後まで閲覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォロー

おすすめの記事