affiliate-one-hundred

はいどうも、うじがみ(@xujigamix)です。

アフィリエイトサイトをいくつか保有して、つい最近このサイトを運営し始めたプロアフィリエイター・うじがみです。

今回は世間でよく言われている『100記事投稿』について、深堀をしていきたいと思います。この記事を書きたくて、毎日更新をしていました。

ようやく100記事に到達したので、ここまでの『検証結果』について詳しく解説をしていきます。

多分実体験して解説しているアフィリエイターさんは、あまりいらっしゃらないのでとても参考になるかと思われます。

このサイトの100記事到達までのデータ

dataはい。お恥ずかしながら晒します。鼻くそみたいな結果となりましたね。

まあ大体予想もついておりましたし、別に気にしてはおりませんがちょっとですよ。ちょっとだけ…悲しいこともまた事実です。

まあ3ヵ月更新し続ければ、アドセンスだけでも月5桁は行くかな~とか考えてましたけど、そんなことは全くありませんでしたね。

このように、元SEOコンサルタントの私がサイト運営をしても、3ヵ月で稼げるのって数千円なんですよ。ですから甘い話ではありませんね。

※補足|SNS流入も遮断しております

自然検索のみでの検証結果をお見せしたかったので、今回はSNS流入や被リンク対策なども一切行わず、アフィリエイト初心者さんと同じ目線で実験しております。

ですから、SNSや被リンク対策・中古ドメインの使用など、その他諸々の施策を行えば全然伸ばすことはできるのですが、今回は行っておりません。

もちろんASPも現時点では使用しておりません。素のデータを公開しております。

捉え方を変えれば、アフィリエイトの伸びの凄さを実感してもらえるかも知れません。ぐいぐいと伸びているのは分かると思います。

勿論方法次第では100記事で稼ぐことは可能

私のサイトの分野は『アフィリエイト』ですので、アフィリエイトに詳しい方が多い・強豪が多い分野での結果となります。

ジャンル選定をしっかりと行ったり、トレンド記事を導入すれば、3ヵ月100記事でもある程度の利益は叩き出せますので、勘違いはしないようにしてくださいね。

定期的にこのサイトの収益に関しても、今後発表していきますので、うじがみの伸びについて、注目しておいて下さい。

なぜ世間では100記事書くと稼げると言われているのか

affiliate-one-hundred2理由は以下です。

100記事と言われる理由
皆100記事も書かない
100記事書くと、執筆スキルが上がる
検索エンジンの評価を受ける

100記事も書かない

アフィリエイト・ブログ始めました~→アドセンス取得しました~。その後の報告をしない方って多いと思いませんか?

その通りなのです。アドセンス広告取得が第一の壁であることは間違いないのですが、一番は収益化として、現金を受け取った方が少ないのです。

理由は皆、100記事も書かずに辞めていくからですね。

一見ネット業界の商売って華やかに見えますが、日々変わらない毎日の積み重ねで成果が生まれてきます。

ですから、100記事書くことができるタイプの人間は、今後大いにこの業界で稼いでいくことができます。要するに継続できるタイプの人間だからですね。

ですから分かりやすく『100記事』という、指標があるのかも知れません。

100記事書くと、執筆スキルが上がる

間違いなく、ライティングのスキルが向上します。もし100記事書いた経験があり、利益が今だ出ていない方がいらっしゃるのであれば、安心して下さい。

私のこのサイトも現在の時点では、うまい棒100本分くらいの利益しか出ておりません。

ですが今後長いスパンで見れば、有望なスキルを既に身に付けられているのです。

売れている人との差は、文字の書き方ではなく知名度や検索エンジンの評価が、この業界では物を言います。

ですから、100記事書いた経験は決して無駄にはなりません。

得たスキルを武器に、今後どのように立ち回るかが重要となるのです。

検索エンジンの評価を受ける

ようやく3ヵ月目になり、徐々に私のコンテンツも検索エンジンに評価され始めてきました。

あるキーワードでは3位に入ったり、ちらほら検索エンジンの評価を受け始めたことを感じています。

ある程度読める記事が書けていれば、ここから徐々に検索エンジンの評価を受け始めますので、ご安心ください。

私のサイトの事例
アフィリエイト 用語…3位
ツイッター ブログ仲間…4位
アフィリエイト 儲かる…10位

100記事書いてから、ようやく戦場へ

100記事書いて収益がでない。そんなの当たり前です。ショックに思う必要もありません。私がサイト運営をしても、このありさまでしたからね。

サイト運営で言えば、100記事書いてからがスタートです。ようやく戦場へ出るための基礎体力が身に付いたと思って頂ければ、良いのです。

ポケモンで例えるのであれば、ようやくマサラタウンからポケモンを連れて、旅立つといったイメージでしょう。

基礎が身に付いた方はもうくじけませんね。ココから一気にチャンピオン目指して、爆走すれば良いのですから。

アフィリエイト・ブログで失うものは一切ありません。

100記事書くまでに学ぶべきスキル

affiliate-one-hundred3しかしただ闇雲に100記事書いただけでは、今後失敗に終わり挫折をしてしまう恐れがあります。

そんな方私も見たくありませんので、そうならないためのスキルをいくつか先に伝授しておきます。

もし100記事書き終わった方がいるのであれば、以下のスキルをエッセンスとして加えて下さいね。

5つのエッセンス
SEOを学んでおきましょう
キーワードの理解
多角的視点で記事を書く
SNS運用も視野に入れる
10の記事より1の記事

SEOを学んでおきましょう。

SEOとは、検索エンジン最適化の略で、Googleの検索エンジンで評価されるための要素です。

簡単に言えば、サイト訪問客を捕まえてくる方法は、他の策を何も投じていないのであれば、検索エンジン以外ないのです。

ですから、SEOを理解しておかない=訪問客が来ないになってしまいますので、早いうちに、検索エンジン仕組みについて、理解を深めておきましょう。

SEOはサイトの入り口
訪問客…検索して、我々のサイトへ訪問してくれる
訪問客がいない…サイトへの入り口がどこにもないから

キーワードの理解

記事を書く上で、キーワードはとても重要です。

『誰に何の発信』をしたいか、それがキーワードです。

この記事を例に挙げれば、『アフィリエイト 100記事』というキーワードで、記事を書いております。

アフィリエイトで100記事書くとどうなるのか・100記事書いても成果出なかったという方向けの記事となります。

ただ記事を書くだけでは、ただの自己満足ですよね。そうではなく、『誰のための記事なのか』それがキーワードです。

キーワードの本質を理解することができれば、上記で説明しました、SEO対策にも繋がりますので、しっかりと理解しておきましょう。

キーワードの意味
キーワードを入れる…検索エンジンで検索した時にヒット
入れない場合…誰も訪問してきません

多角的視点で記事を書く

簡潔にいえば、誰が読んでも分かりやすく納得のいく記事を書いていきましょうていうことです。始めたばかりの人の記事は、基本的に1人称の内容が多いですね。

例|このコーヒー美味しいよ。最高なんだぜ

ではいけません。

例|〇〇のコーヒーはとても美味しいです。何故なら〇〇だからです。

のように、見てくれている人に分かりやすく、書いてあげるスキルが必要です。

SNS運用も視野に入れる

検索エンジンで1つのサイトの入り口を作ることはできますが、せっかくなのであれば、SNSも運用し更にサイトの入り口を作ってあげると、より効果的です。

SNSでは自分の運営しているサイトの告知もできますので、流入数を増やすことができます。

検索エンジンは時間がかかりますが、SNSでしたら即日から訪問客を増やすことが可能となりますので、取り入れていない人がいましたら、是非活用しましょう。

SNSだけでも今の時代は、稼いでいくことができますからね。

10の記事よりも1つの記事

ただたくさん質の悪い記事を書くくらいなら、自身のある記事を1つ保有している方が、効果的ですよという話です。

有名な作家でも、1つの作品以外は全く売れないって方もいらっしゃいます。

しかし1つが売れてしまえば、それだけで生活をしていくこともできるのです。

ですから、時間があまりとれず100記事も書けないという方は、少しずつでも構いませんので、自信がある『自信作』をどれだけかけるかが重要です。

無理して100記事は追う必要もないです。

affiliate-one-hundred4数ばかりに捕われず、11つを大切に

100記事書けることは、とてつもないスキルなのですが、目先の数ばかりに捉われて、努力の方向性を見失うのはもったいないですね。

例えるなら、プロ野球選手なのにひたすらベンチプレスにこだわり、胸筋をバリバリにつけるみたいな行動となります。

努力は決して無駄にはなりませんが、野球にゴリゴリの胸筋は不要です。それならフォーム・サイト運営で言えば記事の書き方を、より学ぶ方が効率的と言えますよね。

ですから100記事を目指しながら、少しずつ丁寧に進歩していく方が効率的ですよ。

私もアフィリエイトジャンルを全て、このサイト1つで埋め尽くしてまいりますので、皆さんもご一緒に頑張って行きましょう。

はいこんな感じで今回は以上となります。

最後まで閲覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォロー

おすすめの記事