fixed-page

はいどうも、うじがみ(@xujigamix)です。

今回の記事ではワードプレスを始めたばかりで、固定ページの使い方が分からない。という方向けに解説をしていきます。

ワードプレスの使用率は日本国内で約80%を占めると言われています。

今後もどんどんワードプレスを使用する企業も増えてくると予想されます。

なのでワードプレスの知識を深めておくことはとても重要ですよ。

では詳しく解説をしていきたいと思います。

うじぴー
固定ページの意味が分からないぴ

固定ページとは?

固定ページとはカテゴリーなどに依存しない独立したページを作成するときに活用するページです。

例えば固定ページを使用する例はこんな感じですね。

固定ページ使用例

自己紹介用のページ
お問合せ用ページ

固定ページと投稿用ページの違い

投稿用ページの場合、何かのジャンルに属した内容の記事を作成する際に使いますが、固定ページの場合は、常に視聴者の方に見せたいページを作りたい時に使います。

固定ページの上手な使い方

サイトは日々更新されるものなので、日に日に新しいコンテンツが追加されるため古いコンテンツはどんどん下に埋もれていきますよね。

そういった場合でも固定ページは単独で存在するページなので、埋もれる心配がありません。

そのため常にサイト内に表示することが可能です。

私のサイトの場合プロフィール欄が特にそうです。

初めて私のページに訪れてくれた方は私がどのような人なのか知りませんよね。

そんな方でも私の事を知ってもらえるよう、プロフィールは固定ページで作成をしています。

固定ページの作り方

では試しに固定ページを作成してみましょう。

固定ページの作成手順は以下の通りです。

  • ワードプレスを開く
  • ダッシュボード
  • 固定ページ
  • 新規追加

の順でクリックをしてください。

 固定ページ作成画面を開く

 

固定ページにテキストを入れる

 

スポンサーリンク

Twitterでフォロー

おすすめの記事