site-domain

はいどうも、うじがみ(@xujigamix)です。

ドメイン名に毎回悩まされているプロのアフィリエイターです。ドメインは一度取得してしまうと変更しないものなので毎回悩まされています。

今回は最適なドメイン名ってどうしたらいいの?とお悩みの方向けに記事を解説していきます。悩みますよねドメインって。

この記事の内容さえ理解すれば、ドメイン名に悩む必要も無くなりますので、しっかりと学んでいって下さい。

最適なドメインの決め方

site-domain2最適なメインとは、簡潔に分かりやすくサイト内容に関連するワードを入れておくのが理想のドメインです。

独自ドメインを取得しないと、もしブログ運営などをしていて、使用しているブログサービスが終了してしまった場合、全てのデータが消されるリスクがあります。

せっかく費やした時間が消えてしまうのは本当にもったいないですよね。ですので必ず独自ドメインを取得しておきましょう。

独自ドメインと共有ドメイン

独自ドメインとは、他の人に使われていない限り好きなキーワードを組み合わせて取得できるドメインです。もちろん費用は少しかかります。

共有ドメインとは、レンタルサーバーや無料のブログサービスなどで使用できるドメインとなります。

今後サイト・ブログ運営を本気で取り組みたいのであれば、必ず独自ドメインを取得しましょう。

独自ドメインを取得するメリット
他とドメインで差別化できる
急に消されてしまうリスクがない
検索エンジンで有利になる

ドメインは短くシンプルが理想

ドメインはパッと見た時に分かりやすく覚えやすい名前が理想です。分かりにくいドメインはNGです。

だらだらと長いドメイン名を付けてしまうと、他のユーザーから見て覚えにくく面倒くさいと思われてしまう可能性が高まります。

訪問してきてくれた方が、不快を感じないシンプルで安心感のあるドメイン名が理想です。

関連するワードをドメイン名に含むのが良い

ドメイン名はブランド名やサイト内容に基づく内容を、事前に入れておくのが良いです。

ドメインを見ただけで、どんなサイトなのかが一目で分かるようになるからです。

私のサイトでは自分のペンネームをドメイン名に含み、誰がこのサイトを運営しているのか分かるように工夫をしてあります。

初めての方におすすめするドメイン名の決め方

individual-domainこれから初めてサイト運営をしていきたいとお考えの人向けに、悩まずドメイン名を決める方法を以下で解説していきます。

初めてドメインを取得するなら、このような感じで取得するのが良いです。

個人におすすめのドメイン名
・本名などをドメイン名に含める
・サイト名をドメイン名にする
・サイトカテゴリーに関連するワードを含める

本名などをドメイン名に含める

自分の名前やペンネームなどをドメインに含み、誰がこのサイトを運営しているのか分かりやすくするといった工夫をするドメイン名の付け方です。

主にブログなどの自分をブランディングして、今後情報発信をしていきたいとお考えの方向けのドメイン名ですね。

本名などをドメインに含んでいる例
筆者うじがみ:xujigamix.com
海外SEO情報ブログ:suzukikenichi.com
八木仁平公式サイト:jimpei.com

サイト名をドメイン名にする

簡単なのは立ち上げようと考えているサイト名を、ドメインにしてしまうといった方法です。

サイト名をドメインにしてしまえば、何のサイトか一目で分かりますし簡潔にドメインをまとめることも可能です。

サイト名をドメイン名にしている例
バズ部:bazubu.com
ノマド的節約術:nomad-saving.com
まじまじぱーてぃ:mazimazi-party.com

サイトに関連するワードを含めるドメイン名

サイトに何かしら関連しているワードを含めて、ドメインを取得するのも割とありです。重要なキーワードを含む

どのジャンルでどんな人向けに発信をしているのかが、一目で分かるようになりますので良いですね。

サイトに関連するワードを含む例
クレジットカードの読み物:news.cardmics.com
30代運用男子:dagashiya-bitcoin

トップレベルドメインはどうすれば良い?

domain-topトップレベルドメインとは、.comや.netのようにドメインの末尾に付けるドメインです。

末尾のドメインに関しては、正直何でも構いません。お好きな気に入ったドメインを取得して下さい。

どれを選んでも影響はない

どのトップレベルドメインを選んだとしても、一切サイト運営上影響はいたしません。

.comの使用者が多いから.comにするのも良いですし、他のドメインが少ないから差別化的な意味も込めるのもありです。

少し差別化をしたいなら珍しいトップレベルドメインもあり

他の人と少し差別化をしたいなと感じる人であれば、あえて使用率が低いトップレベルドメインを選択するのもありです。

.tokyoでしたり.workのように余り他の人が使っていないドメインも面白いですね。サイト運営上一切支障はありませんので、こういったドメインを選ぶのも手です。

まあ無難なドメインを選ぶ方が間違いはないですので、こだわりがある方向けとなりますね。

ドメインは変更できませんのでしっかりと選びましょう

domain-chooseドメインは基本的に途中から飽きたから変えよう。など途中で変更するものではありません。運用歴が長くなればなるほどドメインの価値は上昇します。

サイト自体に人気が出てしまえば、1つのドメインの資産価値が100万を超えたりもするのです。ですのでしっかりとドメインはサイトを立ち上げる前に考えておきましょう。

はいこんな感じで今回は以上となります。

最後まで閲覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォロー

おすすめの記事